2018.5.16(水)WBSワールドビジネスサテライト|ニュースまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ニュースまとめ】WBSワールドビジネスサテライト-2018.5.16(水)

大江麻理子さん 黒のジャケットとグリーンのブラウス

キャスターの大江麻理子さん 今日は黒のジャケットとグリーンのブラウスです。

ドコモがAI使った新サービス!ポイントで投資…客の好み分析

NTTドコモではポイントを預けると預けた「dポイント」が投信の値動きでポイントが増減するサービスを始めた。
AI人工知能が資産運用を提案する「THEO」(テオ)と提携し、興味を持った客に1万円から始められる現金運用サービスへの誘導も図りたい。
ドコモはテオから手数料を得る仕組み。
AIを使ったサービスが発表された「マイデイズ」はamazonエコーのスマホ版。

例えば、「プレゼントを贈りたい」とスマホに向かって声を発すると

「高島屋に代わります」と、AIがショップを案内してくれる。

「出産のお祝い」と用件を声に出してお願いすると「予算はお決まりですか?」と返事が返ってくる。そして、おすすめリストがスマホに表示されるという流れ。
オンラインショッピングページへ誘導してくれる。

購入した商品にはdポイントが付きます。

このサービスの背景には、通信事業の営業利益は横ばいなのに比べ、ポイント事業は前年比25.5%アップしている事がある。

ドコモは来年携帯事業に参入してくる楽天を意識している。

dポイントを入り口にドコモユーザーを増やしていきたい狙い。

GDP18年1-3月期 2年3か月ぶりのマイナス成長

景気の回復にブレーキがかかる。
2年3か月成長を続けてきたが、今後はどうなっていくのかうらなう。

【楽観論】
世界経済の見通しでまだ拡大の余地があるのではないかと考える。
1〜3月期の景気はアメリカ、ヨーロッパで弱い面もあったが、一時的な天候不順の要因ということがあった。
4〜6月期はまた戻って来るのではないかと見ている。
アメリカ、ヨーロッパ、日本は、これからの需要が供給を上回ってくると企業の設備投資の需要も出てくるのではないか。そうすると日本の企業には追い風になるのではないか。

【悲観論】
アメリカの長期金利の上昇が気になる。
ドル高と相まって新興国からアメリカにお金が戻る。
次回のG20の開催国アルゼンチンも赤字でIMFからお金を借りたくて駆け込んでいる状態。
新興国がちょっと気になる。

アメリカの金利上昇は周りの国に与える影響は少なくない?
今年の終わり頃には2019年を見据えて縮小傾向に。

【まとめ】
年内は世界経済はまだ好調だが、2019年から変わってくる。

WBSワールドビジネスサテライト:テレビ東京
動画配信はこちら
http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*